Skip to content

住宅ローンの融資を受けるために

とてもキャッシュでは買えないけれど、今すぐにでもマイホームが欲しいと思っている方はたくさんいらっしゃるでしょう。若くても将来を見据えて早く購入しておきたい、子供をのびのび過ごさせてあげたい、そんな皆さんを応援してくれるのが住宅ローンです。現在の金利は最低水準まで下がっているので、今がチャンスとも言えます。住宅ローンは言い方を変えると大きな借金なので、きちんとした審査があります。

金融機関によって審査の基準は違いますが、審査要件を満たすポイントを挙げていきたいと思います。①正社員職で3年以上経過している。会社の規模や経営状況にもよりますが、まずは今後も同じ勤め先で定収入を得られ続けられる人かどうか見極められます。源泉徴収票の提出だけでなく仕事内容なども聞かれます。

公務員や大手企業は信用度が高く、逆に自営業者は先が読みづらいので厳しく審査される傾向にあります。②過去にクレジットカードの支払いの滞納や消費者金融の利用が無い。支払いの滞納があったことで駄目ということもありませんが、それが最近の話となると難色を示されると思って下さい。複数の消費者金融を利用した形跡があると融資してくれない場合も。

このあたりは機関によります。③ある程度頭金が支払える。現在の資金が多いことは大きな信用につながります。物件価格の二割程度出せれば問題ありませんが、無理して貯金をカラにするのは危険過ぎます。

実際私が住宅を購入した際は二割近い頭金を払ったのですが、その後貯金残高の証明の提出を求められました。もし親の援助が受けられそうなら有り難く頂くなり借りるなりしましょう。家族とよ計画を練って、余裕のある住宅ローンを組み、素敵なマイホームを手に入れて下さい。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です