Skip to content

FPに住宅ローンや家計などを相談してみること

家計における収入や債務を考えてみることで、自分に合った住宅ローンの限界を考えてみることが可能です。

ただ、自分や家族だけで考えてみるとどうしても大雑把、どんぶり勘定になりがちで、甘くなってしまうこともしばしばです。したがって、できる限り専門家の意見も聞いてみることが求められるところです。

 

このとき、FPつまりファイナンシャルプランナーに相談をしてみることがよいでしょう。FPは、家計や公的、私的保険に関すること等にも精通し、様々な視点からの助言を行うことが可能だからです。住宅ローンを無理して組んでいないかどうか、またこれから住宅ローンにより住宅取得を考える人にとっては、第三者の立場でどこまでなら住宅ローンを組んでも大丈夫か、家計が破綻しないかなどの助言を行ってもらえます。

 

よく市役所や商工会議所、大型ショッピングセンターなどでFPによる無料の相談会を開催していることがありますから、そうした場をうまく利用して考えてみることで、今後の参考にすることができるでしょう。その他にも住宅ローンも含めて、無駄な支出などがあればその指摘もしてもらえます。無駄を省いて、ローンも無理なく借りていくことで、よりよい家計が管理できるということにつながります。住宅は生涯で1番高い買い物と言われ、また保険も生涯で2番目に高いと言われていることから、節約の意識を持つためにも相談をしてみることが、まずは大切となるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です