Skip to content

FPから住宅ローンを学ぼう

住宅購入や不動産取得は、人生最大の買い物といっても過言ではありません。

購入を決めると、自身の家庭の財産について見直し、考えなくてはいけないことが山ほどあります。

 

例えば、手付金や初期費用や頭金などを手持ちの貯蓄からいくら出せるのか、月々いくらのローン返済なら可能かどうか、賃貸物件にする場合はその収入とローンの塩梅や将来的に払えなくなるなどのリスクはないか、などです。その他にも、住宅ローン減税や固定資産税、親などから補助を受ける場合は贈与税など、税金に関する知識も必要になってきます。大きな買い物をするにあたり、このようなお金に関する様々な知識と、自身の財産に関して客観視することが大切であり、またそれはとても難しいことだと気付き、不安に感じる人も少なくはありません。

 

そんな時こそ相談して欲しいのがFP(ファイナンシャルプランナー)です。FPはお金に関する様々な知識を豊富に持ち、相談者の資金計画を提案する資格を持ったお金のエキスパートです。それぞれのライフプランや財産状況を分析して相談者の希望の実現へ向けての提案・的確なアドバイスをしてくれます。FPにはそれそれ得意分野がありますので、特に税金や住宅ローンに関しての知識豊富なFPを選んで相談すると良いでしょう。理想の家、理想の暮らしの実現のために正しい知識で導いてもらうことができれば、人生最大の買い物も、住宅ローンも、もう恐れることはありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です