Skip to content

住宅ローンの保証会社とは

住宅ローンを借りる時審査が二つあります。事前審査と言って銀行がする審査と保証会社が行う本審査の二つです。保証会社は借りた人が住宅ローンを払えなくなった場合保証会社が代位弁済をして払います。それで保証会社に返済を保証をしてもらう為に保証料を払います。

さらに購入した住宅には保証会社の抵当権が付いて、その抵当権の費用は保証料とは別に払う必要が有ります。保証会社が保証してくれたから住宅ローンが払えなくなっても大丈夫かといえばそうでは無く、延滞したら債権が保証会社に移るだけで、保証会社から返済の督促が来ます。それで返済が出来なければ抵当権を行使されて住宅は競売にかけられます。保証料を払っても住宅ローンは払わなければならないので、保証料を払うのは全く無駄だと言えます。

しかし銀行からしてみれば確実にローンは完済されるから、保証会社を付けるメリットはあります。保証会社の方は住宅を競売にかけても債権を完全に回収出来るとは限らず、回収出来なくて自己破産でもされたら、残債は回収不能になります。回収不能になれば保証会社の損になります。だから保証会社からしてみれば、完全に債権を回収出来るとは限らないので高額な保証料を取るのは当たり前ということです。

住宅ローンを借りる時は高い保証料を払いたくないからと保証会社を付けたくないけど、銀行は付けないと融資をしてくれないので、嫌でも保証会社を付けて、高い保証料を払って借りるしかないです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です