Skip to content

住宅ローンにまつわる制度をどれだけ知っていますか?

住宅ローンの打ち合わせ時に、営業担当者との間で頻繁に使用される専門用語といえば、団体信用生命保険です。この専門用語をわかりやすく言うと、ローンの契約者が高度障害者になってしまったり死亡してしまった場合に、残りの借入額が免除される制度になります。団体信用保険に加入したとしても、住宅ローンの返済とは別に保険料を請求されることはありません。別途で保険料が発生しない代わりに、住宅ローンの金利の中に実は保険料が含まれているのです。

基本的には高度障害と死亡が適用条件となっていますが、金利の高いプランを選択すると他の病気にかかったときも保険が適用されます。ローン審査で収入や勤務先だけでなく、契約者の健康状態も細かくチェックされるのはそのためなのです。その他に住宅ローンと関連する制度としては、繰り上げ返済制度が挙げられます。これは各月ごとの返済とは別途に借入額を返済できる制度のことです。

当初の契約よりも返済期間を短くすることができ、その期間中に支払う予定だった利息分を節約することができます。つまり繰り上げ返済は早めに実行すればするほど、メリットを享受しやすくなるのです。金利が上昇するニュースが流れると、変動型の住宅ローンを契約している人は一気に繰り上げ返済を実行する傾向があります。ちなみに老後2000万円問題が話題になったときも、実行件数が増加しました。

繰り上げ返済は金利上昇のダメージを極力小さくしたいときに、重宝される制度なのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です