Skip to content

住宅ローンの審査内容

分譲マンションや新築戸建てを購入する場合、約4000万円以上もの資金が必要です。日本では以前から、家を買うことは人生最大の買い物だと称されてきました。大半の方はローンを組んで長い年月をかけて返済をなされます。1970年の高度成長期に金融庁では住宅購入に特化した新しいローンシステムを用意しました。

それは住宅ローンというものであり、現在は家を購入なさる方のほとんどが活用をしています。ここでは簡単に、住宅ローンの概要について触れていきましょう。まず、必ず住宅ローンを組むには審査を実施されます。世帯主となる方の年収・職業の2つが審査対象となり、所定金額の住宅ローンの完済能力の有無をチェックされるわけです。

たとえば年収200万円しかない方が5000万円の高層タワーマンションの購入を希望した場合、ローン返済期間の35年で完済することは不可能です。金融機関から先に資金を調達することになるため、借入後に返済不可能となると住居を任意売却をして資金を用意しなくてはいけません。それを未然に防ぐために、審査を実施されます。住宅ローンを組むには、最低でも年収が350万円以上、年齢が25歳以上という取り決めもあります。

もしも収入面でクリアができない場合は、共同名義で対応することも可能です。世帯主の伴侶、または親族と共同名義で申し込むことで条件をクリアして資金を調達することができます。この方法を採用されるケースが昨今は多い傾向です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です