Skip to content

住宅ローン金利の制度について

住宅を購入する際、住宅ローンを組むことが多いでしょう。住宅の価格は、特に新築の場合は高価で、一般的に現金一括で支払える金額ではないからです。また注文住宅の場合は、家のほかに土地の購入も必要な場合があるので、土地の購入のためにも多額のお金が必要です。理想のマイホームの購入という時に、あまりお金の話は考えたくないものですが、入居後しばらくは支払い続けることになるので、住宅ローンの知識はあった方が良いでしょう。

住宅ローンは、銀行からローンでお金を借りる仕組みですが、金利は大きく分けて変動金利と固定金利の2種類があります。変動金利は短期間で変動する金利のローンで支払う仕組みで、固定金利は長期間固定の金利でローンを支払う仕組みです。変動金利は最初に決めた金利からどんどん変化していくかもしれないので、現在より金利が安くなれば想像していた全体支払額よりも下がり、現在より高くなれば全体支払額は上がります。景気の動向に常に目を配り、急激な金利の変化を予想すれば、固定金利に変更することも考えなければなりません。

固定金利は、長期間金利が変わらないのがメリットでありデメリットです。金利が安い時に契約を交わし、直後に好景気になった場合、固定の期間は一般より安い金利で支払いができます。しかし逆に、好景気の高金利時に固定金利にして、その後景気が低迷してしまうと、給料が下がるのに毎月のローンの支払いは変わらない、というケースもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です