Skip to content

住宅ローンが通らない理由

多くの方が一生の中で一番高い買い物であるマイホームですが、多少価格が安めの建売住宅であっても、キャッシュで購入できる方は居ないと言えるでしょう。ですからマイホームを購入するには、ほとんどの方がローンを組まなければ購入できないのが現状です。この住宅ローンを組むためには、銀行の審査があります。クレジットカードや消費者金融のローンにも審査がありますが、住宅ローンの審査は、これらに比べてさらにハードルが高いです。

クレジットカードや消費者金融の審査の場合は、基本的に安定した収入があれば、ほとんどの場合は借りることが出来ますが、住宅ローンの場合はさらに一定の金額を安定して得られる必要があります。また、収入があったとしても住宅ローンに通らない場合があります。これは過去に金融事故を起こしている場合です。任意整理であっても、その借り入れを完済してから5年間は信用情報機関に事故情報が残っているので、それが残っていると、一切のローンが組めないということになります。

もしも心当たりがある方は、直接信用情報機関に行くと、自分の信用情報を開示することが出来ます。そこで確認することをおすすめします。もしも延滞の記録があったとしても、半年間しっかりと支払っておけば問題ありません。折角自分に合った家を見つけたとしても、住宅ローンが組めなかったらどうしようもありません。

日頃から延滞などの金融事故を起こさないように気を付けて生活しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です