Skip to content

住宅ローンの計算時に考慮しなければならない諸費用

住宅ローンの契約プランを決める際は、各種の諸費用も計算に入れておきましょう。この諸費用は、場合によって高額になることもあるのです。民間の金融機関で住宅ローンを契約する場合は、ローン保証料が必要になります。これは返済が滞るリスクに備えるものです。

フラット35に加入するなら、この諸費用は発生しません。支払先は金融機関ではなく、保証会社になります。保証会社によって、金利に上乗せするか、契約時に一括払いするかに分かれるのです。ちなみに2000万円の住宅ローンを20年間にわたって返済するケースでのローン保証料を計算してみると、その相場はだいたい20万円くらいになります。

団体信用生命保険の保険料を懸念されている方もいることでしょう。団体信用生命保険とは、契約者が亡くなると保険金から残りの借入額が完済されるため、残された家族に対する返済義務が免除されるものなのです。民間の金融機関で住宅ローンを組むなら加入が必須となりますが、その保険料は金利の中に含まれています。また昇給や臨時ボーナスがあると、繰り上げ返済制度を利用することもあるでしょう。

この制度を利用する際は、前倒しで返済するにあたっての手数料も計算に入れておく必要があります。1円だけの繰り上げ返済を認めている金融機関もあるので、手数料の相場を一概にお伝えすることはできませんが、基本的に10万円を超えることはありません。またネット銀行で住宅ローンの契約をすれば、繰り上げ返済の手数料が無料になることもあります。今後の収入の上昇率を計算しながら、契約先を選択していきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です