Skip to content

住宅ローンの計算は最も大事

最近は気軽に住宅ローンを組むことができます。住宅ローンは、審査はあるものの不動産会社が問題ないと言ってくれれば大抵の場合に問題がある場合とは、借り入れ額に対して収入が低い場合や過去に債務整理の後の経験をしている場合です。前者の場合は、借り入れ額を減らせば問題ありませんが、後者の場合には借り入れ額をかなり減らしたとしてもまず審査に通りません。ただほとんどの人が、債務整理とは無縁の生活を送っているため、審査に通らないと言う事はあまり考えにくいです。

住宅ローンを組む場合最重要になるのが、その住宅ローンの計算でしょう。まず、毎月どれぐらいの金額を返済できるか計算しておかなければいけません。確かに、短い期間で一気に返済をする計算ならば、短い期間で返済できるものの毎月の負担額がかなり大きくなります。この時ボーナス払いを計算に入れてしまうと、確かに短期間で返済できるのは間違いありません。

例えばボーナスが入ったときには300、000円返済すると言う取り決めです。しかし、ボーナス払いはできるだけやめたほうが良いでしょう。何故かと言えば、住宅ローンの返済をしている間に、会社からボーナスが支給されなくなる可能性も大ときには、1月当たりの返済額が大きくなってしまう可能性もあります。そうすると、給料は増えていないのに返済額が大きくなった上でボーナスがない状態だとかなり苦しくなるでしょう。

いずれにしても、最悪の事態に備えてお金を借り入れるべきです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です