Skip to content

金利の心配が少ないフラット35の良さを解説

多くの方がマイホームを持ちたいという夢を抱かれており、20代から30代の世代で結婚をして購入を決心されることでしょう。家族で末永く幸せに暮らせるツールであり、戸建てからマンションなど色んな形態の住まいがあります。現金で一括購入をするには非常に高額になるため、多くの方がローンを組まれるものです。以前は35年間の住宅ローンで、毎年金利が変動するものが基本でした。

ところが非正規雇用などの業務に就かれていると、金利が変動すると返済が滞る恐れがあります。その点を考慮した金融庁では、2015年度から新しくフラット35というシステムを確立させています。ここではこのフラット35の良さを解説していくことにしましょう。フラット35は35年間の間、一切金利が変わることはありません。

元金の5パーセントを毎月請求をされており、ボーナス時期のみ15パーセントとなります。フラット35の場合、あらかじめ指定をされている金利で返済を続けられるため、計画的な借入と返済を実現することが可能です。ただし、必ず頭金がいるのがポイントで、4500万円で住まいを購入する場合は最低でも500万円は支払いを先に済ませる必要があります。若い世代に向けたサービスなのがフラット35で、35年間の間安定して返せる経済状況を確立させてから、申し込みをおこなうのがおすすめです。

戸建てでもマンションでも使うことができ、多くの銀行で対応をしています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です