Skip to content

フラット35の金利はなぜ金融機関で違う?

住宅ローンは長期間借り入れをするので、わずかな金利の差が支払い総額に大きな影響を与えてきます。フラット35は最長で35年借り入れをすることができるローンで、将来にわたりずっと固定金利であることを売りにしている商品です。契約する金融機関によって金利にばらつきが生じているのは、内訳のうち取扱金融機関の手数料が自由に決めることができるためで、その差が各金融機関が扱っているフラット35の金利差となっています。固定されていると将来の支払い計画を立てやすくなるのと、将来的に日銀の政策が変更になったときに影響を受けずに済みます。

しかし変動型と比較しても1%近く高く設定されており、現状では日銀も長期的に現在の政策を継続することを明言しているため、変動制の商品で契約したとしても長期間利率は低いままの可能性もあります。また、自己資本比率や契約年数によっても利率は変わってきます。頭金が少なく長期間の借り入れになるほど金利は高く、反対に頭金が十分にあり、借入期間が短ければ低くなるのです。住宅購入では土地や建物の費用だけでなく、今住んでいる場所からの引っ越し費用や新しい家財道具の購入でお金がかかりますが、収入や余剰金のバランスを考えて将来的な負担を抑えるローンの組み方をするとよいでしょう。

また、フラット35は物件も審査の対象となり、狭小住宅では審査が通らないこともあります。購入を検討している物件がフラット35が使えるのかどうかも確認しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です