Skip to content

住宅ローンの借入可能額には余裕を持つことが大切です

家を購入しようと考えている方の中で、全てを現金で購入しようとしている方は稀です。ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入するでしょう。この銀行から借りる住宅ローンの審査というのは、クレジットカードやカードローンの審査とは比べ物にならないほど厳しいものとなっています。その理由としてカードローンやクレジットカードに比べて、貸し出す金額が大きいからです。

貸し倒れになってしまえば、銀行の経営に大きな影響を及ぼしてしまうので、貸す側の銀行も慎重にならざるをえません。銀行からすると長期間にわたり安定した収入がある方に貸し出すのが基本ですが、その際にも借入可能額についてはその相手の収入やお勤め先も考えて融資しているので、金額についてはかなりシビアです。そうは言っても借りる側である方も、銀行が貸してくれると言ったとしても、借入可能額ギリギリまで借りてしまうと、万が一収入が減少してしまった際に苦労することになるので、注意が必要です。また、住宅ローンの関係で押さえておかなければならないポイントとしては、金利についてです。

借入金額がとても大きくなるので、例え0.1%であってもかなりの金額になります。固定金利と変動金利がありますが、固定であれば変動よりも今は金利が高くなっていますが、変動の場合は世界情勢によって変わってくるのでまだ借りている金額が大きい状況で、大きく金利が上昇する可能性も秘めているので、借入可能額には少し余裕を持っておくことをおすすめします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です