Skip to content

住宅ローンの借入可能額について

自分のマイホームを購入するというのは、人生の中で一番高い買い物であると言われているので多くの方々のひとつの人生の目標であると思います。もしも自分で家を購入しようと考えた場合には、ほとんど大半の方が銀行にお金を借りて購入するでしょう。これがいわゆる住宅ローンと言うものです。この住宅ローンというものは、クレジットカード等に比べて審査の基準が厳しいので、簡単に通ると考えない方が良いでしょう。

銀行としても長ければ最大で35年間返済を続けて貰わなければならないので、当然安定した収入を長い期間貰い続ける事が出来る方に貸し出す事になります。もしも安定した収入があったとしても、その得られる収入の金額次第で借りることが出来る金額が変わってきます。誰でも5000万円借りられるわけではなく、人によって当然ですが借入可能額が変わります。その自分に与えられた借入可能額の範囲内で購入できる家を見つけなければならないということです。

また、借入可能額が多い方ほど住宅ローンを借りる際の金利が安くなります。銀行としても、信用が低い方の場合には貸し倒れになる確率も高くなってしまうので、少しでも早めに貸し出した分の金額を回収するために、金利も高く設定するのです。住宅ローンの場合は金額も非常に大きいので、1パーセント変わればすごい金額になります。このような点もしっかりと考えて、自分の身の丈に合った金額の住宅ローンを組むようにしないと、将来的に苦労することになるので注意しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です